大島安希子(亀漫画)/猿女君(漫画PN)プロフィール

子供のころから漫画が好き。

岡田あーみん先生と山口美由紀先生、川口まどか先生、萩尾望都先生に憧れる。

10代は小説家のアンライス作品に影響を受けて一瞬小説家になりたくなったりする。

20代前半は漫画アシスタントがメイン。

2008年某BL誌でデビュー。

読み切り3本描いたが続かず、漫画アシスタントに逆戻り。

その後そこの先生のゴーストライター(代筆者)になる。

2011年、ゴーストライターから脱獄。

2012年、秋田書店の少女誌で再デビュー(青色申告で提出した屋号が亀寿宴)

2014年「鴉、飼います!」単行本。

2014〜2016年まで講談社で「亀のジョンソン」連載。単行本。

2016年、連載が終わるころ、人生で漫画を描くことが初めてどうでもよくなってしまい、

先延ばしにしていた結婚、妊娠、出産の一大?イベントを迎える。

それまで趣味で独学していた占いを仕事にするべく、師匠につく。

2017年から少しずつ占い師もやっている。

(九星気学、方位学、タロット、姓名判断、その他いろいろ)

現在は家庭、育児メイン。

また漫画をやる予定だが占いと二足のわらじをしつつ電子書籍でゆるく描くつもり。

飼っている4亀と家族をこよなく愛している。