地磁気を整える、家相の欠け。

悪天候が通り過ぎました。

家では家族集合で、台風がいないところに行ってみようと計画を立てたりしましたが、結局飛来物が想定されるのであきらめたり、ナスに促されるまま全員でパラパラ、TRFを踊ったりしました。

ゆくゆく電信柱も地面に埋められ、倒れる危険は無くなるでしょう。

すでに電話のアンテナ基地局は床下に作られていますね。

しかし、いくらそういうものにたくさんたくさんお世話になっているとはいえ、

地場の悪い状態にさせるものが視界から消えてしまうのは少し怖いなと思います。

家相の欠けを補うものに、炭埋(たんまい)というのがあります。
地場をよくする、地磁気を整えるものです。

気を整えるインテリアとして売られている炭と似たようなものです。

これがどんどん、今後の我々を助けるものになっていくと思います。

私自身はかつて、半径100メートル以内に変電所と鉄塔、目の前に線路のある場所に住んでいた時期があります。

そのころはまだ小学生でしたが、原因不明の倦怠感、頭痛、胃痛が持病になってしまいました。
その後引っ越した場所も目の前に工場、近隣に宇宙開発研究所、大量にお墓、坂の下。

結局30歳でなにもない田舎へ引っ越すまで、20年持病に苦しみました。

住まいは大事です。
どんな土地かがすごく大事です。

でも今後、アンテナや電信柱がさらに床下に作られていくと、生活する我々は地場を悪くするものを目で確認することができなくなります。

そういうとき、炭埋や土壌改良などで人為的に場所のエネルギーを良くすることができれば、問題はある程度クリアできます。

原因不明の持病って結構多くの人が抱えていると思うんですが、単純に遺伝やストレス、職業病のせいにせず、もっと他の原因を考えてみてもいいんじゃないかなと思います。

炭埋はトータルヘルスデザインさんが有名かと思います。

すこやかポット (大)価格:12,100円
(2019/10/17 17:49時点)
感想(26件)

他にも調べると色々な会社が出てきます。

興味がある方はぜひ調べてみてください。いろんな土地がこれで息を吹き返しているようです。

場のエネルギーを整えることは、お化け屋敷みたいな土地にもある程度有効です。

水晶やおふだを試すのも個人的には楽しいから好きですが(実証済み)、炭埋もいいですよ。

家相やオカルト的なことを知らなくても問題なく健康に生きられる人は、もともと運の強い生まれの人です。
(こういう人はそもそも場のエネルギーが低いところに縁ができないです)

しかしもし自分がそうでないと感じるなら、依存しない前提で、少しずつスピリチュアルやオカルト的な対処をするのもおもしろいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です