ペンネームの変更

ペンネームをかえたという話。

2016年に亀のジョンソン描き終えて、ちょうど結婚と時期が重なって。

そのあとも頭では「次の漫画を担当さんに送ろう」と思ってたけど、どうしてもモヤモヤしたものが胸に拡がって、描けなくって。

今思えば、自分の働き方にずっと納得してなかったんだということなんですよね。

私はその後、それまで趣味でやってた方位学(占い)をちゃんと勉強して、占い師もやったんですけど、

なんか、占い師って漫画家よりずっと、自由なんですよね。

占い師は個々それぞれが距離がかなりあるというか。

漫画家って横のつながりがあまりないという説がありますが、占い師と比べたらずっとずっとあると思うし、それはたぶん出版社が存在するからだと思うんですよね。

占い師ってそういう大きな存在(会社)がないというか。

ただ自分が存在するのみ、みたいなかんじ。

日陰の職業なだけに、働き方もかなり自分で選べるというのがあります。それはとても魅力的なことです。

そもそも私は器用ではないのです。

そんな私にとっては、「家族」「仕事」という、ふたつのことを同時進行していくのはけっこう難しいと感じています。

出産してからはなおさら、家族って「自分以外の他人」なんだな、と感じることが増えました。

自分の考えやルールを相手に伝えるのと、押し付けるのと、それぞれ全然違うものだということを、この歳でようやく理解してきた面がありまして。

でも自分の押し付けがましさをなくすことに注力するようになってからは、周囲にも押し付けるタイプの人がいなくなって、生きづらさが格段にへった感があります。

そこに至るまでには、占い師なので占い師らしく、

人相(化粧や眉形)を変える、手や顔のホクロを一部とる、改名、方位学で性格を変えていく、風水、月参り、というようなことをたくさんやってきたのですね。

それで見えてきたのは、占い開運法の究極は、悟れば開運という事実。

性格がすっきりしてくると、運勢の波があまり上下しなくなります。

(自分の生活を誠実に生きていないで、親や他人任せにしているうちは周囲に振り回され、波乱万丈から逃れられないという視点。些事を家族や他人任せにせず自分視点で選択する側に回ると、振り回されなくなり運勢の波が穏やかになる)

それだけ、想いの力が現実に作用する。
占いは想いの偏りを修正するツールに過ぎないということだと。
想いの力がすべて。

今やこれを知るために、本名を改名したのかと思うこともあるくらいです。

両親の離婚のあと親がやってた宗教を退会し、そこでもらった本名を戸籍から変えたことは、自分で自分の名前をも選択しなおすという、占い師としてはとてつもなく大きな経験になったのかもしれないと今は思えているんですね。

当時は親と宗教を恨んでの改名でしたが…。

そういうわけで、自分が出版社で漫画描いてた頃と比べて、あまりにいろいろ自分に変更を加えていってしまって、原型を留めてない気がして。

大島安希子がしっくりこなくなってしまいました。

猿女君(さるめのきみ)というペンネームにしようと思います。

3年くらいうじうじ悩んで実行できなかったペンネームの変更。

急に思い立って、電動自転車に娘をのっけて、古い友人に会いに町田へ行った昨日の朝、ようやくTwitterのアカウントを削除できたんですね。
(Twitterは私が連載してたころ当時の担当さんが公式アカウントに変えてくださっていて。公式をやめるかアカウント削除かで悩んでいたのでした。使用の継続はちょっと違う気がして)

Instagramは名前欄に変更を入れました。
他の、PixivやPixivFanboxも変更しました。

そしたら、急に自分が前に進めた気がしました。

漫画はこれからは自分で電子書籍にしたり、クリエイター支援のサイトで発表していきます。

この記事も、数年、書くに書ききれず、なんども途中で消してを繰り返していましたが、猿女君にしたことで、ようやく書き終えることができました。

亀の漫画を描くのが楽しい自分、それ以外の漫画を描く自分、占い師の自分。
バラバラだったそれらが、やっと統合しつつあります。

私ひとりの、気持ちの問題でしかないんですけどね。
少し、停滞していた場所からコマが進みました。

進みの遅いこのブログを見にきてくださっている方には、猿女君になってもたまにまたきてもらえたらいいな〜と思っています。

そういうブログ記事を増やしていきたいです。

これからしばらく、各SNSのアイコンやトップ画像の変更をして行く予定です。

不思議なのは、名前を変えたのに、

以前の絵や漫画を否定してるわけじゃないという、過去の自分への気持ち。

過去のすべてには、感謝の気持ちしかありません。

町田へ行く道の途中、鳳凰

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です