育児ダンジョン

ナス(娘)が1歳半になります。

寝不足な日々もそれだけ続いたってことなんですが、もともと10時間睡眠派の超超超ロングスリーパーなのできっとほかのお母さんたちよりは寝てる気がしてました。
(ナスにひとり遊びさせてでも昼寝しないと体を壊す)

主人や母にも育児をかなり助けてもらい、甘えつつ1年半が過ぎ。
分割睡眠ながらも1日4〜6時間は寝てました。

ところが…

このところナスの自我が発達するにつれて、ひとり遊びをいやがりメンマ(私)の貴重な昼寝時間を妨害するように…!!

そんなナスを見てるとなんか、昔やったファイナルファンタジーのどれかのダンジョン中に出てくる地味に強いザコキャラみたいだなぁと思うけど、名前が思い出せません。

思い出すのは、
真三國無双2をバグをいくつも発見するくらい4年間、朝晩欠かさずやり続けた学生時代。

当時の友人たちと自分を比べ、苦手なことは克服しなければと思った努力の方向がそっちだったんですけど、それでも真三國無双の最強バージョンだかなんだかだけはクリアできなかったという。

その後は歴史の三国志にハマったのでいい寄り道もできたと思うんですが、
自分がどんなに努力しても出来ないこともあるという、じんわり骨身に沁みこむような体験は真三國無双2がもたらしてくれました。
(飽きなければ10年くらいかけてクリアしたかもしれませんが飽きた)

現在育児してて確実に言えるのは、
日々刻々と削っている自分の体力と精神力を、実生活と育児に支障ない程度にどう流出を抑え、細く長く維持させていくかというのが課題だということです。

そういうわけで近所のドラッグストアでこれらのものを集めてみました。

健康グッズ

かっさプレートや笑顔練習グッズ、ツボ押しゴロゴロ、血行促進クシ。長いやつはピップマグネループexです。

サプリや漢方、鍼灸はいつもお世話になってますが、当分そういうのではなくスキマ時間に自分の家で自分で自分にできる簡単なことを最大限やっていこうと。

方位学なんかも私はけっこうてきめんに健康効果が出ますが、産前のような方位旅行はさすがにできないので。

今後は全身マッサージローラーとかブルブルマシンとか、そういうのをコツコツ集めます。

日中の外出ではナスの歩行速度に合わせて歩くので、まったくウォーキングにならないのですよね。
育児しだすと自分の好きだったウォーキングもままならないということに今更ながらまだびっくりし続けているのです。

そういうわけで、真三國無双をコツコツ頑張ってたころを思い出し、
自分の回復やセーブをマメにしていきます。

そもそも。

自分を労わる習慣をつけるっていうのは、長年のテーマでもあります。

体力がない、体調不良になりやすい自分に対し、

症状が出るまえにどうして手を打てないの??

と怒りも湧くんですよね。

具合が悪くなることそのものが、簡単に自分が頑張った気になれるっていうヤバい魔力を持ってる気がして。

意識して神経質にケアしてると風邪も引かないので、たぶん周囲に大事にされたくて病弱、じゃなくて純粋に自分ケアが足りないのだと思います。

長いこと自分の体調不良で自分を責めてましたが、

住む場所、関わる人、睡眠、食べ物、風邪をすぐ防ぐ方法、精油、漢方、サプリ。

このへんを時間かけてよく精査して、エネルギーをどこに絞って出すか決めて、いま目の前にあるダンジョンをなんとか生き抜いていこうと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です