三峰神社帰りの霧と散歩道

三峰神社の霧です。

三峰神社駐車場付近の濃くなっていく霧

三峰神社は参拝後に雨や雷雨があると歓迎のしるしだといいます。
イザナギ→ゼウス→雷

霧も同じく歓迎らしいです。
今まで雷雨などはありましたが、霧に囲まれたのは初めてで感動しました。

途中下車しなければなりませんでしたが、15分くらいのんびりサイレントヒルな空間を楽しんだあと発車したら、駐車場を出るあたりで突然霧が晴れました。

三峰神社はゆっくり大きく参拝者を救い出し、開運に導きます。

金運や仕事運で祈願した場合、大金が入るというよりもだんだん資金繰りに苦しまなくなって行くのです。

参拝者のステージの下部分がゆっくり上がって行くのです。
ゆっくりなのは、底上げした感覚がきちんと板につくように、というためと思います。

私自身は、三峰神社で祈願した内容についてはわかりやすい形で叶ったというより、
ゆっくり軌道修正して叶いやすい状況を整えて、身体も健全になり、ゆっくりそのほかの選択肢も増えて行って、選んで…という感じです。

かれこれ5年くらい行ってますが、祈祷所で祈祷してもらうとき、こないだ来たときと比べて自分の状況のここが変わった、あれが変わった、ということを振り返ります。

導き方が男性的な感じもしますが、女性的な感じもあります。なぜなら。

主祭神はイザナギとイザナミで夫婦神なのです。

クリエイターや経営者をよく祈祷所で見かけますが、
家内安全はすべての基本という意味で、創出という御利益もあるのです。

そしてこちらはいつもの散歩道。↓

てんとう虫のぬけがら
そしてぬけがら
成人したてんとう虫
黒いトンボたち

↑この黒いトンボは、数え切れないくらいその場にたくさんいました。

ナス(娘)と散歩してると、よく縁起いい虫を発見するのです。

おまけのきのこ

出産してからのんびりできるようでできない、時間を作ってもその時間にのんびりしてない、という、つまりは独身のころの気持ちが遠く遠く彼方に行ってしまったってことなんですけど、こうやって散歩道に昆虫を見つけるのもせわしないなかやってまして。

「ナス行くよ!」

と叫びながらですので、自分は変わったなあ、としみじみ思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です