クワガタ2令幼虫!

ここ数日の酷暑で、ベランダのすみに置いてあった菌糸ビンを室内に移動しました。




部屋のすみに移動した菌糸ビン

20180726クワガタ

クワガタの子どもが菌糸をたべ進んでいます。
横から少し見えます。

やがて…

20180727クワガタ

食べ進んでるんですけど、中に深く掘っていっているようです。

そしてたまに横から姿が見えるとき、あんまりクワガタ本体が大きくなってる印象がありません。

というか、いつ大人になるんだ?
どうやって大人になるって?



ネット情報では、1令幼虫→2令幼虫→3令幼虫→蛹→成虫…の順みたいです。

今は2令幼虫ですね、たぶん。
(3令幼虫は10円玉より大きいようですので…)

もともと昆虫は好きですが、バッタとかバナナ虫とか、ちょっと脇役っぽい昆虫の方がリーズナブルだし身近だしってことで、

今までこんなクワガタだなんて花形の昆虫とは、まったく縁はありませんでした。

バッタやコオロギ育てるのは大好きでしたが、

クワガタやカブトムシみたいな一流の甲虫は、親にねだったことすらありません。
(俳優に例えると一流の俳優陣はカブトムシ、クワガタ、セミ。一流女優はアゲハとか黒アゲハとかカマキリですかね〜)

たまたま道路歩いてた大人のカブトムシ拾って売ったりとかはあっても、
家のベランダに産卵したクワガタ幼虫をきちんと育てるというのは初めてです。

なんていうか、クワガタが毎年産卵するプランターが家にあるって、人生上り坂な気がしちゃいますね〜ww
(でもキノコが生えるような土ってことなんですけど…)

しかし大きなきがかりは、きちんと大人にしてやれるのか?ってことですね。

簡単に調べたところでは、毎年プランターで勝手に成虫になってたやつはスジクワガタのようなかんじです。
ハサミがやや短め、でもメスほど短くないから…。

そして幼虫は1年以上菌糸食べてる可能性もあるようですね(ヒィー)。
不安なので今夏中にさっさと蛹になって、大人になってほしいです!
(菌糸ビンまた買うのもいやだよぉ〜)

どうなるんでしょうねえ、また進展があったらブログにしたいと思います。

そしてこちら、散歩中に見かけたミノムシ。

ミノ20180727

久しぶりに見ました。

ミノムシもすっかり減りましたね〜。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です