ある日の卵かけごはん、そして断捨離

おとといの卵かけごはん。

この、黄身のところだけを卵かけごはんにするっていうのは、バイオレンス父ちゃんに教わった唯一の知的財産ですね。
(私の両親は父ちゃんのDVで離婚している…)

とっても濃厚な卵かけごは〜ん!
母ちゃん、おかわり!

ちなみに、うちでは残った白身は、お味噌汁の具に変身します。
ニッポンの伝統料理ですよね〜。




別の話し。

先日、猛烈に粗大ゴミを出したくなり。

断捨離したくなったってことなんですが、モノがハンガーラックだったりハンガーラックだったり鉄アレイだったり布団3式だったり、他にもいろいろ、とにかく大きなものすぎて、一気に処分できないことにイライラしておりました。

物理的に大きな不用品は主人のもの、小さな不用品は私のもの。

私自身 、普段あまり衝動買いしないものの、迷って調べて迷って物を買うわりには、買い物の失敗とかが多い気がしているんですね。
大手メーカーだったけどドライヤーの温風が弱すぎて困るとか。
パソコンに重要な機能が欠けてたとか。
自分の身長がちびでワンピースの肩ストラップが長すぎてお直ししないととか。

そんなこんなで、朝ごはんのあとに一気に片付け、処分し、そしてジモティーに登録。
数百円で数日で売買。

今さらですがジモティーって便利なんですねえ。
今のところヘンテコな人には当たらず取引できたし、取りに来てくれるし。

いい時代ですね〜。
リサイクルショップ持ってくよりおトクで便利な気がします。
売り手(私)的には値段が変わらずとも、買い手(お客さん)的にはリサイクルショップで買うより安いんですもんね。
リサイクルショップに売りに行く手間を考えると、双方に手軽でいいですね。

断捨離もあっという間にできて、うれしいのです。

あとは私の洋服を選別していく作業です。
もともと少ないですが、最近は着たい日常服がほとんど同じものばかりなので、あとは売るか処分。

でも一方、思うことがあって…。
似たようなものや服を好きになって、傾向が決まって、他のものを買わなくなったら…。

なんか脳内が悪い意味でがんこになっていきそう?
たまには嫌いなものを着てみたり、嫌いなものを使ってみたり、そういうさじ加減が必要になる日が来るのかな〜?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です