2017年の園芸事情

おととし母にもらったハートサボテン。

日中はリクガメたちといっしょに陽に当てて、夕方から室内に入れてます。

今年はたくさん葉がでて、まだまだがんばってくれています。

 

今年は冬になるときに枯らしてしまった植物はいっこでした。

いつもやらかすんですが、寒くなる時期に、室内に入れるタイミングがよくわからないんですよねえ。

自分で選ぶときはネットで調べて、気候変動に強い丈夫な植物をお迎えしてるつもりなんですが、なかなか思うようには育てられません。

ツル系の観葉植物やオリヅルラン、サンスベリアなんかは丈夫と言われていますが(葉が尖ってるカフェによくある観葉植物)、私は必ず弱らせてしまいます。

そんなときは枯れるまえに母に譲ったりします(すると復活…)。

いっぽう、上の画像の小さいサボテンや、オーガスタという10メートル級になる観葉植物だと、かなりおおざっぱに育てていても長生きしてくれます。

枯らしやすい植物と枯らしにくい植物がある。

自分ががさつな性格だからなのか?でもそれだけなのか?

特定の植物との相性のよしあしはあるんじゃないかなあ〜と思っています。

 

今年は葉大根をたっくさん植えまして、まだまだ元気です。

来年1月もそこそこ収穫できるでしょう(カメめし&七草粥に入れる予定)。

そして来年の春ごろには、シロツメクサを大量に育てたいです。

引き続きカメのごはんに。

 

2017年のガーデニング事情、〆の日記でした。





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です